吉備津探訪① 妹尾兼康公と十二ヶ郷用水

“祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり……”という冒頭が有名な『平家物語』

この平家物語に登場する人物で、岡山県南部の農業活性化にとっても重要な役割を果たした人がいます。

その人の名は【妹尾兼康(せのおかねやす)】

今回は【妹尾兼康】と、彼が中心的な役割を担ったと言われる用水の大改修について、ぼちぼちとお伝えしていきます。

(さらに…)